もじゃいぬが来たわけ

突然、我が家にやってきた、もじゃいぬ。
なぜ、うちに来たのか、なぜ、期間限定なのか。

気持ちの整理をつけるうえでも、書いておきたいと思う。

ラッシー最後の写真

今年のお盆に会ったのが最後になってしまった
実家の犬、ラッシーさん。
このころから、食事をほとんどしなくなってた。

2008年10月27日、老衰で静かに息を引き取った。
享年13歳。

母から知らせを受けた27日。
実感はなかったけど、もう会えないという現実が、寂しくて悲しくて。

その夜はごまいぬが、やけに私を遊びに誘った。
(くさいぬいぐるみをグイグイ押し付けて…)
泣いている私を、彼なりの方法でなぐさめてくれていたんだと思う。

食事が一切できなくなったラッシーさんに
毎日、点滴を打ち、強制給餌を続けたのは、両親。
私の何十倍、何百倍の喪失感を味わっている。

「まだ、家にいる気がして」という両親に
私は(強引に)犬を贈ろうと思った。

早いかもしれない。

でも、新しい家族は新しい思い出を次から次へと作ってくれる。

今は、ラッシーさんを語ると悲しい涙しか出てこないけど
いつか暖かい気持ちで、彼女を語れるようになる日が来るから…

と、いうわけで。

もじゃいぬの使命は、両親とともに元気で楽しく暮らすこと!

ばびゅーん

そこのぼんちあげみたいな犬!
私の膝のうえで、バンザイしながら寝てる場合じゃないよ。




…ここまで書いておいてナンだけど
ぼんちあげには情がうつりまくっちゃってて……ごにょごにょ。
教訓:子犬は長期間預かるな!手放せなくなっちゃうぞ!
コメント
優しいお顔のラッシーちゃん、素敵な写真ですね。何かを語りかけてるみたい。
少し心の整理ができたんですね。ブログに書いてらっしゃるから。^^
私も亡くした飛鳥の事を懐かしく思い出すことが出来るまでにはだいぶかかりました。
でも、自然とそうなるから、悲しい時は悲しんで懐かしい時は懐かしんで自然体でいいと思います。
ご両親の心をきっとぼんち・・・いえハリーちゃんが癒してくれますよ。
それよりも、きすいさんの喪失感の方が心配になります。
もう1頭ぼんち、さがします?^^
余談ですが、ぼんち製菓のぼんちあげ、好きです~~^^
2008/12/11(木) 19:18 | URL | 桜月まま #-[ 編集]
別れは本当に辛いですよね。
私も以前はシェルティを飼ってました。
癌になって8歳でお別れしなくてはいけなくなりましたが。。。

もじゃいぬちゃん、かわいいなぁぁ。
やっぱり一緒に生活しちゃうと情は移っちゃいますよね!
2008/12/11(木) 21:19 | URL | RIN #-[ 編集]
危ない、危ない、きすいさん。
ワンコ好きがパピコを抱っこして、どっぷり可愛さに浸かっちゃって。。。
し~らないっ!!

ラッシーさん、綺麗なワンコですね。
愛犬を亡くされたご両親は、離れていらっしゃるだけに
余計に気になられるのでしょう。。。
無邪気なもじゃ君が自然に癒してくれる事を祈ります。
きすいさんには、ごまちゃんがついてるものね。
2008/12/11(木) 22:30 | URL | 拓ママ #-[ 編集]
ご実家のラッシーさん、大切に大切にされたんでしょうね。とても優しい笑顔です。ワタシも2年前に同じく実家のワンコを亡くしているので、お気持ちお察しします。帰省すると尻尾をプリプリ振って歓迎してくれていたいつもの光景がもう見れないという現実に、時々しか会えなかった身とはいえ、本当に落ち込んだものでした・・・。
一緒に暮らしていたご両親は尚の事でしょうね・・・。

ハリーちゃん、モコモコで激カワですね♪出来るものならそのコートを”サワサワ”したい・・・。そうそう、小さい頃は夜鳴きするんですよね。+うちは”カミカミう○こマシ-ン”でした。(笑)
お互い寝不足で”様子見”って感じの12年前の生活、懐かしく思い出しました。





2008/12/12(金) 00:07 | URL | ふぁゆん太太 #-[ 編集]
☆桜月ままさん
優しいコメントありがとうございます。
やっと、ブログに書こうという気持ちになりました。
少しずつですが受け入れられてるみたいで。
年末、ぼんち連れて、お墓参りに行って来ます。
「両親のことは、この仔にまかせておいてゆっくり休んで」って伝えます。

しかし、この愛らしいぼんちあげ。
いきなり親から離されて、いきなり知らない人たち(私たちのこと)との
長距離移動は辛かろうと、早めに引き取ったのは大きな失敗でした…
ううう~~~~む。
あ、ぼんちあげ美味しいですよね。昨日、食べました(笑)
2008/12/12(金) 10:58 | URL | きすい #-[ 編集]
☆RINさん
8歳ですか…お辛かったでしょうね。
私たちに比べて、あまりに短いワンたちの寿命。
一緒にいられる時間を大事に大事にって思います。

ハリー君、すでに我が家の一員みたいな感じで
リラックスして遊んだり寝たり、です。うぐぐぐぐ。
2008/12/12(金) 11:05 | URL | きすい #-[ 編集]
☆拓ママさん
もー、今から、しょんぼりしちゃうのが目に見えてます!!(涙)
ほんとに愛くるしいんですよぉ~~~~~(T_T)
知らず知らずのうちに自虐的なことをしてしまいました…

今のところ、オスカーとの相性があまり良くないのが救いかな。
これで2頭で仲良く遊んでる姿を見せられた日にゃあ、もうダメです。
2008/12/12(金) 11:12 | URL | きすい #-[ 編集]
☆ふぁゆん太太さん
そうですか、ふぁゆん太太さんのご実家のワンも…
滅多に会えないコでも、別れってずしっと来ますよね。

ラッシーさんが5歳のときまで、私は実家で一緒に暮らしていました。
年に1~2度しか会わなくなって、見るたびに年老いていくラッシーさんに違和感があり^^;
私のなかでは、若くて元気なラッシーさんの思い出のほうが圧倒的に多いので…
今でも帰省したら、出迎えてくれる気がしてるんですよ。
おかしいですよね。

ふわふわもこもこですよ~~~。
Eコカの直毛コートに慣れてると、このくりくり巻き毛は新鮮に感じます(^m^)
2008/12/12(金) 11:21 | URL | きすい #-[ 編集]
はじめまして。
いきなり失礼します。
親戚探しでこちらのブログを発見し、拝見していました。
お父さんが一緒とかの近さではないので、書き込みもどぉしよう・・・。
と、ためらっていたのですが、
強制の食事と点滴…、が一緒だったもので、自分と重なってしまいました。
実は私も今年の6月に長年連れ添ったわんこを亡くし、毎日涙が止まらなくて、寂しくて仕方なくて今の子を迎えました。
今ではもちろん、彼を忘れる時はありませんが、今の子が癒してくれています。

きっと、ご両親もハリーちゃんの可愛さに癒されると思いますよ。
しかも仔犬の世話で、生活に張りもでますし!!
その方が、ラッシーちゃんも安心して天国に行ける事でしょう。
あんなに温和で優しいお顔の子ですから、きっとご両親を心配してると思います。
ご両親やきすいさんに愛された分、ラッシーちゃんも皆さんを愛しているでしょうから。
2008/12/17(水) 00:20 | URL | りんねぇ #/wfpEG4s[ 編集]
りんねぇさん、コメントありがとうございます。
優しくて思いやりあふれるお言葉に、涙が出ました。ありがとうございます。

りんねぇさんも今年、辛い別れを経験なさったのですね…。
イキモノと生活する限り、避けられないこととはいえ、本当に悲しいですよね。
最期の1日は、結構苦しかったみたいで…今は苦しみから解放されてるのでしょうけど
ラッシーさんが安心して眠るためにも、両親には元気になってもらわねばと思います。
ハリーくんは癒し系だと思いますし、彼らしくハツラツに過ごしてもらいたいです(^^)

鈴華ちゃんとおっしゃるのですね~!
まぁ、愛らしいEコッカー!オスカーと親戚さんですか。嬉しいです♪
今後ともよろしくお願いいたします。
2008/12/17(水) 09:01 | URL | きすい #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武藤きすい

Author:武藤きすい
ごまいぬ
(本名オスカー)
2004.03.02~2016.04.02
金ごま
(本名チャーリー)
2012年8月20日うまれ
黒ごま
(本名レニー)
2017年5月17日うまれ

飼い主の武藤きすいは画家

2000年6月14日「えにっき」。
2006年3月ブログに移行。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
ポチで10ポイント入ります。
よろしくお願いいたします。

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
新着記事
月別アーカイブ