金ごま備忘録・その2「セカンドオピニオンから現在」

 セカンドオピニオン(6月4日)


まだ3歳にもなってない金ごま。
手術せず、運動制限・体重制限しながら、一生ずっと過ごすのか
思い切って手術して、リハビリ入れて半年程度かけ
運動能力を回復させるのか…

さっさとやっちゃったほうがスッキリするのかもしれない。
でも、現在、見た目どこが悪いのか全くわからないくらい
元気に走っているのに、脚を切り裂き工具をつけるオペを?

結局、紹介状を待っていられなかった。


b150617_8.jpg
3人の先生に全員、金ごまは全体的に関節がゆるいと言われたが
この犬種にしたら全然珍しくなく、フツーだそうだ。



「(体重にもよるが)前十字靱帯の部分断裂なら
1ヶ月完全ケージレストすれば治る」

(24時間、一切ケージから出さずに一ヶ月。
筋繊維が損傷した靱帯を覆うまで待つ方法)

ってその先生は言ってたよ?と某アジリティ友達から聞いた
有名な先生のところへ行く。
この方法、うちは同居犬(ごまだ)がいるし、かなり困難だと思ったが
とにかく、手術は怖くて避けたかった。


b150617_9.jpg
2度目の診察のとき、手術の説明を
院長先生から受けたが、もう日曜大工の世界。




セカンドオピニオンでも診断結果はほぼ同じ
左後ろ足 前十字靱帯部分断裂+半月板損傷 の疑い
(全身麻酔しないと細かいことはわからない)


が、金ごまは患部を痛がらず、痛いのは背中だそうだ。
足をかばうために背中にかなりの負荷がかかっており
背中の筋膜炎を発症していた。
ハンドセラピーにて、痛みを除去。

確かに断裂・損傷しているだろうけど、
この程度だったら、手術は必要ない
どころか、運動制限も必要なし

のみたてに、ホっとしすぎて吐きそうになる。

「その前にまず、その爪をどうにかしよう」
と言われる。


 発症した原因、そして治療方法


金ごまは、爪が長めだった。
血管を切るのがかわいそうで、いつも血管ギリギリだったが
そもそも血管が伸びていたので、ギリギリでも長かった。


b150617_5.jpg


爪が長いと、根元が指先に食い込み、痛いのでかかとに重心を置く。
その結果、がに股になり、膝にも背中に余計な負荷がかかり骨格がゆがむ。

ちなみに…爪のケアって「伸びると肉球に刺さって〜」
「肉球に巻き込むから〜」とか書いてあるけど、それって


b150617_6.jpg


こういう状態のことかと思ってたよ。


「血管を傷つけないように」を重視しすぎて
結果、骨格が歪むまでになってしまったので
爪は正しく短くカット。
金ごまの場合は、血管ものびのびだったので、それごと…
泣きわめいてしまった。ごめんよ…


b150617_7.jpg


割と運動しているのに体幹が弱く、握りもぺっちゃんこで
すぐにバテる金ごま。延々かかと歩きで、歪んでしまった骨格では
いくら運動しても効率が悪いばかりか、故障させてしまった。


正しい歩様をさせて、体幹を鍛えて、弱い部分(膝)をカバーしてゆく。


一週間は投薬で、散歩は普通に。
次の一週間は、負荷の高い散歩をして、体幹を鍛えてゆく。←今ココ

夏ははりきって水泳をしよう。
目指せ、ガチムチコッカー。


これはあくまで
”現時点で関節の肥厚もなく、炎症も熱もなく
普通に走れる程度の前十字靱帯部分断裂・半月板損傷であり
矯正で治る部分が多いと思われる、金ごまの場合の療法”であり
体重が重めの子だったり、すでに完全断裂していたり
明らかに歩様異常が続く場合などは、みたてが変わってくると思います。
この犬種は膝、股関節の疾患は多いらしいので
何か参考になれば幸いです。



にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

応援クリックお願いします(^人^)
楽しいお散歩が増えて、大喜びの2頭。

運動:
一日5キロ(砂利道、草っぱらを中心に)
食事:
体力増強用 生肉(鹿・馬)
皮膚ケア用 ハトムギ
胃腸用 ヤクルトBL錠剤・ヨーグルト
関節用 グルコサミンとコンドロイチンのサプリ

プロフィール

武藤きすい

Author:武藤きすい
ごまいぬ
(本名オスカー)
2004.03.02~2016.04.02
金ごま
(本名チャーリー)
2012年8月20日うまれ
飼い主の武藤きすいは画家

2000年6月14日「えにっき」。
2006年3月ブログに移行。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
ポチで10ポイント入ります。
よろしくお願いいたします。

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
新着記事
月別アーカイブ