わんこの意外な歴史を知る

たまたま、本屋で手にとった雑学の本に
いぬの鳴き声に関することで、意外な事実。



b130513_1.jpg



現在、吠え声を文字にすると「わんわん」で、英語だと「バウワウ」
が標準なのだけど



b130513_2.jpg



江戸時代初期までは


「びよびよ」
ほか「べうべう」「びゃうびゃう」が主流だったらしい。



b130513_3.jpg



いやいやいや、なんか弦楽器みたいだし。
(「びゃうびゃう」は近い気がしないでもないが…)


もし、この歴史が継続していれば。
「ワンコ」「ワンズ(複数頭)」とかが

「うちのベウコが」
「仲の良いビヨズ!」
「あらーかわいいビャウちゃんね」

になっていたんだろうな。



にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

↑びよごまをぽちりと。(10ポイント入り、ランキングに反映されます。一日1回有効です。)
違和感あったから、いまの「わん」になったんだろうね。







プロフィール

武藤きすい

Author:武藤きすい
ごまいぬ
(本名オスカー)
2004.03.02~2016.04.02
金ごま
(本名チャーリー)
2012年8月20日うまれ
黒ごま
(本名レニー)
2017年5月17日うまれ

飼い主の武藤きすいは画家

2000年6月14日「えにっき」。
2006年3月ブログに移行。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
ポチで10ポイント入ります。
よろしくお願いいたします。

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
新着記事
月別アーカイブ