ごまだのいない日常【闘病記ラスト】

ごまだがいなくなって2週間。


b100727_01.jpg


当たり前のように日々が過ぎていき


会う人たちに
「思っていたより元気そうでよかった」
と言われることも多いのだけど


ものすごくションボリするでもなく
わんわん泣いてるわけでもなく


うーん…よくわからない。
「悲しい」よりは「ぽっかりしている」が正しい。


b080304_4.jpg


一番、私のメンタルがしんどかったのは1月下旬。
ごまだの数値があんまり下がらないまま、退院したとき。
お医者さんは、基本、最悪の最短余命しか言わないので
「あと数日かもしれません」は
信用しなかったんだけど(すんまへん)。


ただ、ごまだのBUNとCreの数値のデータと、
同じような数値のわんこの予後を調べてみて
「3月2日の誕生日を迎えるのは相当厳しい」と思ってた。
病気に詳しいひとであればあるほど
ごまだの数値を見て楽観的なことは言わなかった。


BUNは常に100以上(最悪時251。だいたい130くらい)
Creがずっと5.0前後ウロウロ(腎機能がほとんどない)
本来なら、立ってられないような数値。
食欲なんて、あるわけない数値。


ごまだが近い未来にこの世からいなくなると実感。
このときが一番、声をあげて泣いたと思う。
(もちろん、本犬がいないところで)


にっこにこ


極稀なパターンとして、先天的な腎機能障害や
ものすご~~~くゆっくり進行した慢性腎不全によって
からだが慣れてしまってて、ひどい数値でも
やけに長生きする子がいる…


ごまだは、幸いにも(?)そのパターンだった。


闘病するにあたって、決めたこと。


・ごまだの前ではいつも平常心でいること。
特に、具合が悪い時ほど平常心で対応すること。
(いぬはひとの感情をにおいで判別できてしまう)
・数値は念頭に置きつつ、実際の状態を見て
食事や薬の配合を主治医と相談して対応すること
・延命そのものよりもQOLを優先すること


oscar1200903_1.jpg


療養食が合わなかったのは大誤算だったけど
持ち前の「どうかしてる食欲」によって
食べられなくなった最後の5日間以外は
「最高においしい食事」を一日4食、大いに楽しんでた。
闘病中の70日間、毎日何度も何度も
「オスカーはいいこね、えらいね」を繰り返し
イチャイチャした時間を過ごした。


むつかしいと思っていた誕生日を迎えてくれて
さらに1か月も生きてくれた。
呼吸が止まってから、1分近くも心臓は力強く動いていた。
私が、彼に最後にかけた言葉は「もう頑張るな」だった。


私と旦那と金ごまが見守るなか
最後はしっぽを一振りして、旅立った。


最後、相当苦しませてしまったのは悔いが残るし
そもそも、もっと早く病気がわかっていれば…は
どうしてもあるのだけれど。


ごまだとの12年間は非常に濃密で、かけがえのないもので
たくさんのひととの出会いをもたらしてくれて。


b1600418_1.jpg



過去のアルバムを見返しても
「このときはこんなことをしでかした」とブハっと笑ってしまう。
楽しかったこと、面白かったことが多すぎる。
当時は、破天荒な行動にノイローゼになったこともあったのに
今ではぜんぶ笑い話になってる。
本当に、本当に、面白いイングリッシュコッカーだった。
私は彼に出会えて、本当によかった。
願わくば、彼にもそう思っていてほしい。


b1600418_2.jpg

+++++


最後に、ごまだを応援してくれた方々に心から御礼申し上げます。
これからも、金ごまを主人公としてごまぐらしは続けますが
たまには
「面白いコがいたなぁ」
と、ごまだのことを思い出していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

最後のお散歩で、最後のお花見。
2016年3月30日の夕方。
3分咲きだったけど、桜見れたよ!



ごまだの渾身の…

3月の最後の週。
どうしても出かける必要があって、
旦那にバトンタッチしたとき。


b1600407_1.jpg


このころはもう意識が薄く、
浅く速い呼吸で寝ていることが大半。


b1600407_2.jpg


呼びかけにも目をうっすら開ける程度なのに


b1600407_3.jpg


ごまだ、渾身のためいき。


b1600407_4.jpg


旅立つ3日くらい前だったか。
意識もうろうな状態になっても、自己主張はしっかり。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
↑ぽちっと
応援してくれたらうれしいです^^


そんなんなっても、ごまだ

クイズ:ごまだはどこだ?

b1600405_1.jpg


本当にありがとうございますm(_ _)m


+++++


ごまだは、それはそれはあきれるほどの食いしん坊で
飼い主からの呼びかけなんざ露骨に無視する始末。
耳が遠くなってるのかなぁと思っていたが・・・



(去年の動画)

聞こえとるやないかーい!!( ̄□ ̄;
都合のよい言葉だけを聞き取る能力を有した模様。
「おやつ」「クッキー」などの言葉や
ビニール袋がガサガサなると、絶対チェックに来ていた。


b1600405_4.jpg


で、寝たきりになって、食べ物はおろか
水すらもなかなか受け付けなくなってからも


b1600405_2.jpg


ビニール袋のガサガサには反応があった。


b1600405_3.jpg


もう、条件反射になってたんだね。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
↑ぽちっと
応援してくれたらうれしいです^^

ごまだが最後にくちにした固形の食べ物は
北海道からの差し入れ「自家製鹿肉ジャーキー」





ごまだ、霊園でバトル

b1600404_1.jpg


全国各地から届けられた(m(_ _)m)
たーーーーーくさんのお花に囲まれて
4月3日、午後1時半ごろ、ごまだは霊園へと向かった。


道すがらの満開の桜たちが異様に綺麗で
車の中から花見客を眺めては、
ごまだはフワフワになったのをいいことに
弁当チェックしまくってるに違いないって思ってた。


b1600404_2.jpg



霊園に到着して、受付をアレコレ済ませて
しばらく待ち時間。
そこには、旅立ったたくさんのわんこやにゃんこさんの
ご遺骨と写真、供物などがそれぞれの区画におさめられていた。

そこに…


b1600404_3.jpg


1か月ほど先に旅立った、お隣のシェルティさんいた!!!
この霊園にしたとは聞いていたけど
まさか、本当にここでも対面できるとはね。

同じ時期に越してきて、同じ時期に住み始め
同じ時期に病気に倒れ、同じ病院に通い
ほぼ同じ時期に旅立って
そして、同じ霊園。
(まぁ、近くて評判良いところっていうと限られるんでねぇ)


君ら、ホントに、最後の最後までソウルメイトだったね。
ガチで仲悪いのに…。



にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ


迎えに来てくれてたコッカー仲間たち、きっと
いきなり猛り狂ってるごまだにびっくりだったと思うわ(汗)
新参者ですが、どうぞそちらでもよろしくお願いいたします。


応援ありがとうございました

このブログで10年間、主役をはった、ごまだ。


b160402_3.jpg


2016年4月2日午前8時21分

旅立ちました。


b160402_2.jpg


最後の数日はかなり苦しませてしまいましたが
今はただ、眠っているだけのようにみえます。


b160402_1.jpg
いつもの仲間も来てくれたよ!


4月3日14時に空に返します。


いままで、ごまだをかわいがってくれて
本当にありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ




プロフィール

武藤きすい

Author:武藤きすい
ごまいぬ
(本名オスカー)
2004.03.02~2016.04.02
金ごま
(本名チャーリー)
2012年8月20日うまれ
黒ごま
(本名レニー)
2017年5月17日うまれ

飼い主の武藤きすいは画家

2000年6月14日「えにっき」。
2006年3月ブログに移行。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
ポチで10ポイント入ります。
よろしくお願いいたします。

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
新着記事
月別アーカイブ