案内ドッグ黒ごま

夜中に起きると


b20210227_1.jpg


一緒に起きて


b20210227_2.jpg


案内して


b20210227_3.jpg


待っててくれて


b20210227_4.jpg


寝室までアテンドしてくれる黒ごま。
私はひとりでトイレ行けますけど
どうもありがとう。

ちなみに、とーちゃんは2回踏まれる。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

金ごまは私の帰宅(?)に大喜び。
大丈夫です、大丈夫です。
無事帰ってきました。ありがとう。



ドア事情・その3

ドア事情・その1
ドア事情・その2
の続き。


b20210224_2.jpg
ドア押す側

b20210225_1.jpg

引く側も、黒ごまの協力によって
あけられるようになったねこ。


その数日後には


b20210226_1.jpg


あっちゅーまに
自力であけられるようになる。



(縦で撮ってしまったので見づらくてすいません。)


そもそも、なぜドアを開けられると困るのか。
というか、玄関に来られると困るのか。

金黒ブラザーズに関してはまったく困らない。
もともと家じゅうに「入ってはいけないところ」というところはなく
室内完全フリーだったし。
もし、勝手に外に出てしまったとしても(出ないけど)


b20210226_2.jpg


呼べば戻ってくるから。
ところが、ねこのぼんちは
呼び戻しが一切きかない。


過去、意図せず玄関から外に出られてしまったことが
数回あるが(ハーネスもなにもつけてない)


b20210226_.jpg


車体の下にもぐりこみ
呼んでも、ちゅ~るでつっても、じゃらしでつっても
まぁ、固まってしまって出てこない。

なんらかでパニックを起こしたり
鳥や風で飛ぶ木の葉を追いかけてしまったりで
どこかにダッシュし、見失ったら
帰ってくる気がしない。


というわけで、私が出かけるときは
ねこ脱走対策として
わんにゃんそろってリビングに閉じ込め方式
になっていたのに
勝手にドアが開けられてしまう事態になった現在。


IMG20210225143556.jpg


う~わ~む~き~ド~ア~ノ~ブーー!(ドラえもんぽく)
多数の方にアドバイスいただいた方法。


最初は、ネジが隠されていてわからず
出来なかったのだけど、ネジ場所見つけたら
とても簡単にできた。3分もかからなかったかな。


これでもあけるようになったら
ねこは、お留守番時はケージだな…。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

いまのところ、開けられない様子。


ドア事情・その2

その1の続き。


ドアは力尽くで突破するもの、と思っている兄たちと違って
(過去に一度も突破できたことないけど。)

ねこはいち早く、ドアノブを動かせば
ドアが開く、ということに気づいていた。


b20210224_2.jpg


ジャンプして、ドアノブに手をかけて
体重をかければ、ドアは押し開かれる。
これをやり始めたのは、昨年末くらいだったか。


でも、これは、ドアを押す側にいた場合。
引く側にいた場合は


b20210224_4.jpg


ドアノブを動かした衝撃で、多少ドアが開くことはあっても
それだけではドアは開かない。
引く側にいた場合は、自力で開けることはできなかったのだ。


わんにゃんがお留守番時
引く側ドアしかない1Fリビングにいたので
安心していたのだが


b20210225_2.jpg


協力者が現れた。


b20210225_1.jpg


このろくでもないコンビネーションによって
我が家のリビングは突破され
玄関に3頭そろってお出迎えしてくれるようになった。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

ねこはこのあと、さらに進化する。
その3に続く。


ドア事情・その1

我が家に1か所だけある引き戸。


b20210224_01.jpg


黒ごまは昔から、ひっかきまくる、というちからわざで
(無理やり)引き戸は開けることができていた。
ねこは、結構早い段階でナチュラルに開けてた。



ドアの場合。


b20210224_02.jpg


やはり、ちからわざに頼る黒ごまは
ひっかいてどうにかしようとしている。
が、ノブに10センチくらい手が届かず。

…というか、成長とともにむしろ
黒ごまの爪痕はノブから離れてっいっており
「ノブを回せばドアが開く」
というシステムを一向に理解できてない模様。


ちなみに、ごまだは


b20210224_03.jpg


「ドア下のすきま拡張作戦」だった。


ごまだが生活していたことのあるエリアのドア下は
必ずひっかき傷が多数ある。

当時はドラムのようなドア掘り音に
「コラー!」となったものだが
今となっては、懐かしい大事な思い出のひとつ。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

破壊系いぬと暮らしてるとドア近辺が傷みますよ、
という記事じゃないんです。
その2に続く。


ねこの日だった

2月22日は猫の日。


b20210223_2.jpg


じゃらしで遊ぶ黒ごまは
ちょっとねこっぽいいぬかもしれない。


b20210223_1.jpg


ぼんちは、物心ついたときから
いぬに囲まれているので
ちょっといぬっぽいかもしれないねこ。


君ら、いい感じに共存できてる気がする。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

金ごまは、じゃらしじゃ遊ばないけど
ごくまれに、じゃらしをチュパって
ぼんちに嫌がられている。


プロフィール

武藤きすい

Author:武藤きすい
*
ごまいぬ
(本名オスカー)
2004.03.02~2016.04.02
金ごま
(本名チャーリー)
2012年8月20日うまれ
黒ごま
(本名レニー)
2017年5月17日うまれ
ぼん・ぼんち
(本名梵天丸)
2019年9月5日生まれ

飼い主の武藤きすいは画家

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
ごまいちへ
ごまいち
カレンダーなど
ごまいち別館へ
ごまいち別館
Tシャツやバッグなど

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
新着記事
月別アーカイブ